借金と債務整理

借金問題・債務整理


当サイトでは、借金問題を解決するための債務整理について解説していきます。支払が困難になった借金を整理するには、「引きなおし計算」を行って、支払わなければならない債務の金額を確定させます。これを基礎として、毎月の収入から返済可能な金額を計算し、複数ある債務整理の手続きの中から適切なものを選択して、貸金業者等と交渉をしていきます。

この債務整理の手続きを専門家(弁護士や司法書士)に依頼した場合、専門家から貸金業者等に対して債務整理を受任した旨の「受任通知」を発送します。これにより貸金業者などは正当な事由なく債務者に対して取立行為をすることができなくなります。

債務整理の手続きには、次のようなものがあります。

  • 任意整理・・・裁判所を通さずに、自ら貸金業者等と交渉を行っていく方法です。過払金の回収を先行し、または同時にすすめることができ、元本カットなど柔軟な交渉・和解をすることができますが、自ら貸金業者など交渉をしていくだけの精神力と豊富な法律知識が必要となります。残債務額を3年間36回払い程度で返済できるかどうかがひとつの目安となります。
  • 特定調停・・・裁判所を通して債務整理を行う手続きのひとつで、裁判所が選任する調停委員が債務者と貸金業者等の間に入って債務整理を進めていきます。
  • 個人再生・・・裁判所を通して債務整理を行う手続きのひとつで、この手続きを選択すると、原則として元金の5分の1まで減額することができます。ただし元金が100万円以上で500万円未満の場合は、最低100万円は返済する必要があります。減額後の元金は3年間で返済していくこととなります。住宅ローンがある場合、住宅を売却せずに手続きを進めていくことができるので、住宅ローンの有無は、この手続きを選択する目安の一つとなります。
  • 破  産・・・裁判所を通して債務整理を行う手続きの一つです。この手続きを選択すると、借金が免除されます。ただし借金の原因がギャンブルなどの場合、免責決定が得られない場合があります。 引き直し計算を行っても、借金の返済が不可能な状況にある場合かどうかが手続き選択の一つの目安となります。


借金の問題は解決できます。借金返済の方法や借金整理の方法が分からないときは専門家に相談しましょう。


(債務整理事件の多い地域::東京・大阪・名古屋・福岡等)

債務整理

 

※当サイトは、リンクフリーです。

フリー素材の来夢来人

Copyrught(c)2007 silvia All Right Reserved.