破産手続き

債務整理・破産


破産は、裁判所を通して行う債務整理です。破産は、支払不能又は債務超過にある債務者の財産等の清算に関する手続を定めること等により、債権者その他の利害関係人の利害及び債務者と債権者との間の権利関係を適切に調整し、もって債務者の財産等の適正かつ公平な清算を図るとともに、債務者について経済生活の再生の機会の確保を図ることを目的として作られた手続きです。債務者本人が申し立てるケースを自己破産といい、債務者が個人である場合を個人破産といいます。

破産手続きには、同時廃止事件と破産管財人選任事件があり、個人破産の多くは同時廃止で、裁判所は、破産財団をもって破産手続の費用を支弁するのに不足すると認めるときは、破産手続開始の決定と同時に、破産手続廃止の決定します。 破産管財人選任事件では、破産開始手続きと同時破産管財人が選任され、債務者の財産を換価し、債権者間で公平に分配する手続きが行われます。

破産手続きでは、免責許可決定が確定すると、支払債務から免責されるという特徴があります。債務者が破産手続開始の申立てをした場合には、当該申立てと同時に免責許可の申立てをしたものとみなされます。破産をしたからといってこれが戸籍に記載されることもありませんが、債務者の信用情報機関に登録されますので、今後は借り入れができない、クレジットカードが発行できないなどの不利益を受けることがあります。また破産することによって、、一部の業務については欠格事由に該当し、業務を行うことがができなくなりますので、この手続きを選択する際には確認する必要があります。

債務整理を弁護士や司法書士などの専門家に依頼し、専門家から貸金業者などに対して受任通知を発送すると、貸金業者などは正当な事由なく借金の取り立て行為をすることができなくなります。

 


借金の問題は解決できます。借金返済の方法や借金整理の方法が分からないときは専門家に相談しましょう。



(債務整理事件の多い地域::東京・大阪・名古屋・福岡等)

 

借金返済方法

 

※当サイトは、リンクフリーです。

Copyrught(c)2007 silvia All Right Reserved.