借金と任意整理

借金問題・債務整理・任意整理


任意整理は、債務整理手続きのひとつで、裁判手続きを使わないで自ら利息制限法により引きなおし計算を行い、借入金残高や過払金の額を確定し、それをもとに返済計画を策定し、貸金業等と交渉し和解する債務整理手続きで、主に支払不能とまではいえない多重債務者の案件において選択される手続きです。任意整理では、多重債務者の負債について、利息制限法に引きなおし、残債務があればその返済方法を債権者と協議し、過払いがあれば回収します。

任意整理は、特定調停と似ていますが、裁判所を通さない手続きであるため、和解が成立したとしても、その和解書は債務名義になりません。また特定調停においては、一般的に過払金の回収は行われていませんが、任意整理を選択すれば、同時に、または先行して過払金の回収手続きを進めることができます。特定調停では元本カットがされることはほとんどありませんが、任意整理によれば、交渉次第で元本カットもできる場合があります。ただし貸金業者がこれに応ずることは少ないようです。

任意整理では、専門知識を使って債権者と交渉していかなければならない機会が多いので、この手続きを選択するにあたっては専門家に依頼される方が多いです。債務整理に関する手続きを専門家に依頼すると、専門家はまず債務整理の受任通知を各債権者に送ります。これにより各債権者は正当な事由なく債務者に対して取立行為を行うことができなくなります。債権者から取引履歴を開示してもらい、それを利息制限法に引きなおし、残債務の金額、もしくは過払い金の額を確定させます。債務者の収入や生活環境などを勘案しながら、返済計画案を策定し、それをもとに各債権者と交渉していきます。過払い金がある場合において、債権者が過払い金の返還に応じない場合には、不当利得返還請求訴訟を提起していくこととなります。


借金の問題は解決できます。借金返済の方法や借金整理の方法が分からないときは専門家に相談しましょう。

(債務整理事件の多い地域::東京・大阪・名古屋・福岡等)

借金返済方法

 

※当サイトは、リンクフリーです。

Copyrught(c)2007 silvia All Right Reserved.