借金問題・リボ払い

借金問題・借金問題・リボ払い


リボ払いとは、リボルビング払いの略称です。契約の際に借入限度額を定めて、毎月一定額以上の返済をすれば、借入限度額内で、いくらでも借り入れができるというものです。たとえば借入限度額を100万円と定め、毎月2万円以上を支払うこととした場合に、限度額いっぱいの100万円を借り入れたとします。そして毎月2万円づつ返済を続けていきます。返済を続けた結果、借入限度額の枠に余裕ができた時には、また追加で借入をすることができます。どれだけ借りようが借入限度額内であれば毎月一定額の支払いで済むので、一見負担が少ないように見えます。しかしどれだけ借りても毎月一定額の支払いで済むので、また追加で借り入れをしてしまう債務者が多く、これを繰り返すことによって、利息だけを永遠に払い続けるという状態に陥ってしまいやすく、消費者金融業者にとっても安定した収入源となりやすいことから、多くの業者はこのリボ払いという返済方式を採用しています。

さらい多くの消費者金融業者は、残高スライド方式というリボ払いを採用し、借入残高の減少に合わせて毎月の最低返済額も減少させます。毎月の返済額がすくなくなれば、借金は減らないので、債務者は利息だけを払い続けるという状態に陥りやすくなります。高金利であればあるほど、業者は毎月安定した高収入を得られるという仕組みです。利息制限法を超える利息であった場合、その超過する部分の支払いについては元本に充当され、元本がすでに完済されていれば不当利得となりますので、債務者が長年にわたって利息を支払い続けていたような場合には、すでに借金はなくなっており、逆に業者に対して過払い金を請求できる立場にあるかもしれません。リボ払いで借り入れをし、ずっと返済をつづけているのに、まったく借金が減らないという方は、一度債務整理の専門家に相談し、利息制限法に基づく引きなおし計算を行い、実際のところの借金は今どういう状態にあるのか確認してみることをお勧めします。

債務整理を弁護士や司法書士などの専門家に依頼し、専門家から貸金業者などに対して受任通知を発送すると、貸金業者などは正当な事由なく借金の取り立て行為をすることができなくなります。

 


借金の問題は解決できます。借金返済の方法や借金整理の方法が分からないときは専門家に相談しましょう。

(債務整理事件の多い地域::東京・大阪・名古屋・福岡等)

 

借金返済方法

 

※当サイトは、リンクフリーです。

Copyrught(c)2007 silvia All Right Reserved.