商工ローン

借金問題ー商工ローンー


貸金業者はおもに個人を対象として融資を行いますが、商工ローン業者は主に中小企業を対象として融資を行います。商工ローンの特徴は、利息制限法を超える高金利で貸し付けを行うこと、手形を担保にとって貸し付けを行うことが多いこと、根保証契約など連帯保証人などの人的担保を要求されることが多いこと、法的手段を駆使して債権回収をはかってくることが多いこと、などが挙げられます。

商工ローンの多くは、融資の際に中小企業から手形を差出させ、手形の決済期日までに返済ができないときには、融資の利息相当分だけを返済させ、元本については新たに手形を差し出させて追加的に融資を行い、新たに融資した資金をもって前の手形の元本を決済させるという手法をとっています。これを手形のジャンプといい、商工ローンから融資を受けた中小企業は、利息の支払いだけが永遠に続くという状態に陥りやすくなります。

また商工ローンと連帯保証人がよく交わされる根保証契約とは、契約において融資額の上限を定め、連帯保証人はその上限いっぱいまで保証しなければならないという契約で、このような契約について知識のない保証人は、説明しだいで債務者が最初に借り入れた金額だけを保証するものとの誤解を招きやすいという問題があります。

債務整理を弁護士や司法書士などの専門家に依頼し、専門家から貸金業者などに対して受任通知を発送すると、貸金業者などは正当な事由なく借金の取り立て行為をすることができなくなります。

 


借金の問題は解決できます。借金返済の方法や借金整理の方法が分からないときは専門家に相談しましょう。

(債務整理事件の多い地域::東京・大阪・名古屋・福岡等)

 

借金返済方法

 

※当サイトは、リンクフリーです。

Copyrught(c)2007 silvia All Right Reserved.